1. ホーム
  2. ≫BB&CC時代のくずれない美肌づくり3つのポイントとは

BB&CC時代のくずれない美肌づくり3つのポイントとは

先入観を捨てる

ミニマムなくずれにくい肌
    ||
実は、今っぽい肌だった!

年々ファンデーションや下地・・・といったアイテムは進化しているはずなのに、くずれに悩む人はいなくならない現実が・・・

そんな現状に、薄く透明感のある肌作りの3つのポイントをご紹介します。

最大のポイントは、「ファンデーションを使わない」です。

汗や皮脂の分泌量が多い夏は、肌の上にのせるものは少ない方が、絶対にキレイで崩れにくいからでs.

さらに、ここ数年のBB&CCクリームの進化はすごい。

相性のいい下地やコンシーラーと組み合わせれば、ファンデを使ったときより、むしろ今っぽいヌケ感のある肌、くずれにくい肌が作れます。

「ファンデを使わなきゃ」

という固定概念を破り捨てましょう。

ベースメイクアイテムの役割と特徴

◯BBクリーム

わかりやすくいうと、「肌の欠点をカバー」するクリームです。

元々は美容施術後の傷跡を隠したり肌を守る目的で開発されたため、カバー力が高いのが特徴でs.
下地、UV、ファンデ・・・を兼ねるオールインワンベースの先駆けです。

◯CCクリーム

カバーするBBに対して、「肌の欠点をカムフラージュ」するのがCCクリームです。

BBほどカバー力が高くなく、光や色を駆使した自然な肌色補正効果で、肌に透明感を演出します。

ベージュだけでなく、ピンクなど色の種類も豊富です。

夏のベースメイクはもっと自由に

ファンデやお粉を塗らなきゃいけないのは思い込みです

くずれない肌作りは、ファンデだけでなく実はお粉も使いません。

勝手な思い込みで「◯◯しなきゃいけない」というのはナンセンスです。

夏に肌がテカるのは肌が健康な証拠です。
だったらマットに仕上がるお粉は逆に、テカリが目立つから使わないほうがいいですし、たくさん重ねると崩れやすくなるから、普段下地に使っているBBやCCクリーム1本ですませるのが良いです。

基本に忠実に完璧なベースを作っても、くずれるときはくずれる!

そんな夏だからこそ、ベースメイクもっと自由に。


夏は塗れば塗るほど崩れるという事実

思いきった引き算が、くずれない肌への近道

炎天下の夏・・・

夏は肌の上にのせるものが少なければ少ないほどベターです。

だから、UVカット、下地、肌色補正・・・といった何役をひとつで兼ねられるBB&CCクリームは夏のベースメイクの強い味方に。

忙しいさや暑さでつい面倒になる夏のベースメイクの時短もかなりいます。

カバー力や透明感など、足りない部分はピンポイントに下地やコンシーラーといった脇役でフォローすれば、ファンデなしでも十分美肌になれます。


夏の肌作りでこだわるべきは「押し込む」仕上げ

ミニマムをただの手抜きで終わらせないために

BB&CCクリームのベースメイクで時短がかなうといっても、チャチャッと縫っただけでは、それはただの手抜きです。

ミニマムなベースメイクだからこそ、塗った後の一手間。
手のひらやスポンジを使って徹底的にしつこいくらいになじませながら押し込むと、手の体温と湿度で肌とより一体化。

外の気温や湿度に負けない、くずれにくいベースが手に入ります。


ファンデやお粉に頼らず

BB&CCクリームメインの「ミニマムベース」でずれにくく今っぽい肌に!

オススメのBBクリームは、アテニアBBクリーム

アテニアBBクリーム
サッと手軽に顔色を明るく仕立てる
BBクリームとUVプロテクトパウダー

イキイキとした血色感を与えるBBクリームです。

「隠しピンク設計」のローズピグメントが明るく美しい肌をキープ。
ふんわり軽いつけ心地のパウダーを重ねて、紫外線を強力にカット、キメの整った透明感あふれる鼻色肌。

アテニアBBクリームの口コミを見る

合わせて読まれている記事

33歳 下地なしでアテニアのBBクリームを使って高級感を演出できるまでに成長

50歳 これ1本でメイクが完成するBBクリーム。化粧下地とは違う働き

メイク崩れの原因には、スキンケアの数が多すぎる?BBクリームを上手く活用する方法

BBクリームで魅力的に見せる5つのポイント!ナチュラルメイク派はこれ1本でOK

シェアをお願いします。