1. ホーム
  2. BB、CCクリーム
  3. ≫51歳 BBクリーム後に、シミ隠しでファンデを重ね塗りすると、意味がなくなる

51歳 BBクリーム後に、シミ隠しでファンデを重ね塗りすると、意味がなくなる

BBクリームと言えば、韓国コスメの火付け役と言ってもいいくらい、日本に韓国のコスメのすごさを印象付けた化粧品ではないでしょうか。

日焼け止め成分もあって化粧下地としても有効なBBクリームは、私にとって無くては困る化粧品の一つですが、最近では日本などの化粧品メーカーのBBクリームも店頭で見かけるようになりました。

韓国のものは肌色が白っぽくなりすぎたり、日焼けしたのではないかと疑うくらい濃い肌色になってしまうものもあり、年齢を重ねた私のような肌にはBBクリームだけでメイク終了というわけにはいきません。

ですので、BBクリームを塗った後にシミを隠したりファンデーションを重ねたりと、結局厚塗りになってしまうことが多く、何とか薄化粧のように見えるメイクができた日は、決して大げさではなく、その日一日気分も上々になります。

日本の化粧品メーカーのBBクリームは、あまり使ったことはありませんが、韓国のものに比べてが肌色少しピンク色になると聞いています。

血色よく見えるピンク色の肌色をベースにメイクすると健康的な印象に仕上がるのかもしれませんね。

韓国製と日本製のBBクリームでは色合いが違う

BBクリームと言えば、韓国コスメの火付け役と言ってもいいくらい、日本に韓国のコスメのすごさを印象付けた化粧品ではないでしょうか。

日焼け止め成分もあって化粧下地としても有効なBBクリームは、私にとって無くては困る化粧品の一つですが、最近では日本などの化粧品メーカーのBBクリームも店頭で見かけるようになりました。

韓国のものは肌色が白っぽくなりすぎたり、日焼けしたのではないかと疑うくらい濃い肌色になってしまうものもあり、年齢を重ねた私のような肌にはBBクリームだけでメイク終了というわけにはいきません。

ですので、BBクリームを塗った後にシミを隠したりファンデーションを重ねたりと、結局厚塗りになってしまうことが多く、何とか薄化粧のように見えるメイクができた日は、決して大げさではなく、その日一日気分も上々になります。

日本の化粧品メーカーのBBクリームは、あまり使ったことはありませんが、韓国のものに比べてが肌色少しピンク色になると聞いています。

血色よく見えるピンク色の肌色をベースにメイクすると健康的な印象に仕上がるのかもしれませんね。

BBクリーム、CCクリーム、化粧下地、使用感はそれほど違わない

BBクリーム、CCクリーム、化粧下地と言われても、使用感から言えば正直大きな違いがわかりません。

しかし、CCクリームは自分の肌の色を活かしてくれながら肌をなめらかな感じにしてくれて、化粧下地は肌色を整えながら肌の凹凸を整えてくれて、BBクリームは肌の難点を隠しつつ、保湿や日焼け止めなどの効果も期待できるのではという、少しずつですが違いがあるのではないかと思います。

それぞれ使用する肌年齢等にもよりますが、若い肌をお持ちならCCクリームが肌本来の美しさを引き出せてこのクリームは有効だと思いますが、シミやしわ、くすみなどのトラブルの多い肌は化粧下地かBBクリームを使われた方がいいのではないでしょうか。

私はあまり化粧が好きな方ではないので、シミやくすみなどをある程度隠してくれるBBクリームを使っていますが、日焼け止めや保湿も兼ね備えたBBクリームの手軽さを追求される方は、化粧下地にはなかなか手が出ないかもしれません。

アテニアのBBクリームは、隠しピンク設計が一番のポイント

アテニアのBBクリームは使ったことがありませんが、アテニアのサイトを覗いて、その内容を見てみるとUVケア成分はもちろんですが美容液成分も含まれていて、コンシーラや化粧下地効果も期待でき、薄化粧した感じに仕上がるのだそうです。

これなら年齢を重ねた肌にも期待が持てそうですよね。

そして、大きく期待したいところは、『隠しピンク設計』というところで、その効果がくすみがちな肌を瞬時に明るく華やかなものにしてくれるというところです。

年齢を重ねた私のような肌にはトラブルも多く、シミ、くすみ、しわ、たるみなど改善ということにはほとんど期待せず、『いかに隠すか』ということに重きを置いていますが、隠すイコール厚塗りとなってしまうのは、なんとも避けたいところです。

日本人の肌質なのか、年齢とともに肌は黄色っぽくくすんでしまいがちなのですが、それを化粧下地のようにピンクっぽくしてくれると、血色の好い華やかな明るい肌となり、気分もパッと明るくなって閉じこもりがちの主婦も自然と外に出かけたくなるかもしれませんね。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。